楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本観光特産大賞グランプリに新潟「村上鮭」 日本観光文化協会が決定

20/12/17

日本観光文化協会(小塩稲之会長)はこのほど、全国の観光特産品から今年一年間のヒット商品を決める「日本観光特産大賞2020」のグランプリに新潟県・村上市観光課の「鮭のまち『村上鮭』」を選出した。

グランプリの「村上鮭」は、日本有数の鮭のまちが誇る逸品。鮭料理の多様性や越後村上鮭塩引き街道や歴史体験など鮭文化への長年の努力が評価された。選考委員の小財誓子さんは「鮭をメーンにした観光は他所にない取り組み。『鮭・酒・人情(なさけ)』などスローガンで鮭以外にも観光、物産資源を訴求。イベントの取り組みも面白い」とコメントしている。

越後村上鮭塩引き街道

越後村上鮭塩引き街道の風景

金賞「優秀賞」は山形県・かほく冷たい肉そば研究会の「『冷たい肉そば』」、金賞「ニューウエーブ賞」は石川県・能登町ふるさと振興課の「『イカの駅つくモール』と特産物『小木イカ』」がそれぞれ選ばれた。

今年の日本観光特産大賞は日本観光文化協会の専門家から推薦された商品73件から最終選考へ20品が進み、そのなかから各賞を選んだ。

授賞式は21年1月23日の同協会グループの全国大会で催される。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ