楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「盆梅」と「花火」土曜日に競演/滋賀県長浜市

21/01/12

滋賀県長浜市で3月10日まで、新春の風物詩「長浜盆梅展」が開催されている。今年は3月27日までの毎土曜日に「長浜・北びわ湖大花火大会」も行われており、週末は梅と花火の競演が楽しめる。

長浜盆梅展は、1952年から始まり今年で70回目。明治時代に建てられた慶雲館の座敷に、約300鉢の中から開花時期に合わせて常時約90鉢が並ぶ。樹齢250年や400年という希少な盆梅は展示される。また、鳥取大山和傘とのコラボレーションによる盆梅のほか、京都芸術大学のプロジェクトチームと米原市在住の早川鉄兵さんの切り絵による「盆梅の森」が今年初めて登場。そのほか期間中に様々な企画・イベントが予定されている。

盆梅の森

盆梅と野生の動物たちが楽しく共存する「盆梅の森」

長浜・北びわ湖大花火大会は、長浜市豊公園沖の琵琶湖湖上から、医療従事者への応援感謝込めたり桃の節句を祈念して20時から約5分間打ち上げる。期間中の毎週土曜日のうち、3月13日はホワイトデー花火として浅井文化スポーツ公園で、3月20日は卒業・旅立ち応援花火として木之本町千田で、3月27日は鏡湖に映える百花繚乱花火として余呉湖上に会場を移し10分間打ち上げる。

1月30日―3月7日の土日祝は盆梅展が20時半までライトアップ開催していることから、盆梅と花火の2つを楽しめる。

盆梅展は9時―17時(入館は16時半まで、ライトアップ時の入館は20時まで)。観覧料は大人800円、小中学生400円(団体20名以上2割引き)。

両会場とも、新型コロナウイルスの対策として、マスク着用や手指アルコール消毒の徹底を呼びかけており、密を避けるための入場制限なども行う。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ