楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

四国ツーリズム創造機構、「四国周遊型ワーケーション推進協議会」を設立 

21/01/29

四国ツーリズム創造機構(半井真司代表理事)は1月28日、ワーケーションを四国全域への誘客手段として確立させようと「四国周遊型ワーケーション推進協議会」を設立した。同日、設立総会を開き、今後の目指すべき方向性や事業について議論を進めた。

コロナ禍で落ち込む四国観光を活性化させるひとつの方策として、新しい旅行スタイルとして注目を集めるワーケーションに白羽の矢をたてた。仕事による滞在にあわせて周遊を促すことで観光を盛り上げ、移住の拡大にまでつなげることを目指す。

総会では、今後の事業展開として都市圏のニーズの調査を目的に四国内での周遊型ワーケーションのモニターツアーや実証実験の実施、四国内のワーケーションをワンストップで紹介するプラットフォームの整備などについて議論。都市圏への情報発信や会員間のネットワークの構築にも取り組むなどして、四国ならではの周遊する遊型ワーケーションの実現を推し進めていく。

四国周遊型ワーケーション推進協議会

設立総会の様子

代表幹事は、半井同機構代表理事が就任。会員として、三好みらい推進創造協議会▽新野シームレス民泊推進協議会▽小豆島観光戦略会議▽ソラヤマいしづち▽幡多広域観光協議会▽全日本空輸▽日本航空株式会社▽四国旅客鉄道株式会社が参画している。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ