楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

立山黒部アルペンルート、開業50周年で50年前の「雪の大谷」再現 4月15日に全線開通/富山

21/02/26

今年もあとひと月強で富山県・立山黒部に観光シーズンがやってくる。山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」が4月15日に全線開通する。例年同様、巨大な雪壁「雪の大谷」の出現で今シーズンが開幕するが、今年は全線開業50周年を記念して開業当初の雪の大谷を再現したメモリアルウォークを実施。今年だけの体験に参加して節目を祝いたい。

立山黒部アルペンルートは富山県立山町と長野県大町市間、全長約90キロにわたって北アルプスを貫く形で敷かれた山岳観光ルートの最大高低差は約2千メートル。冬季は閉鎖され、春の訪れと同時に開通、立山室堂平や大観峰、黒部ダムなど随所に様々な見どころが点在する。

「雪の大谷」は標高2450メートルの立山室堂平でこの時期に見られる巨大な雪壁。道路を除雪してできるもので、最大で約20メートルの雪壁が約500メートルにわたって両側にそびえる通路が出現する。

「完全再現!雪の大谷メモリアルウォーク」は6月22日まで。バスが通過する道路上に1車線のみの除雪区間を整備した開業当初の雪の大谷の姿を再現する。バスの車窓から50年前当時に見られた絶景が眺められる。歩行者専用通路からは雪の大谷からバスが現れる風景も。

雪の大谷

平成初期の「雪の大谷」の風景

4月13日までは雪の大谷の最高地点の高さを予想するキャンペーンへの応募も受け付け中。的中すると賞品が当たる。応募はhttps://www.alpen-route.com/enjoy_navi/snow_otani2021/#camp

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ