楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍からの未来とオンラインコンテンツを考える 東京観光財団、3月9・11日にオンラインセミナー

21/03/02

東京観光財団(TCVB)は3月9、11日、観光の今とこれからを学ぶ「TCVBミーティング」を立て続けに開く。ウィズコロナ、アフターコロナの観光のあり方にについてのオンラインセミナー。広く参加を呼びかけている。

9日の第9回ミーティングは「ピンチをチャンスに!―観光地であり続けるために、今やるべきこと」がテーマ。京都、浅草という日本を代表する観光地がコロナ禍の今、未来を見据えて取り組んでいることを紹介する。京都で取り組みを進める社会学者の中井治郎さんが「生まれ変わる観光―コロナをきっかけに」、浅草観光連盟会長の冨士滋美さんが「観光地浅草での取り組み」と題して講演する。

時間は14時―15時30分。参加申し込みは3月4日までにhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/017zgh18r3h11.htmlから。

11日の第10回ミーティングは「withコロナ時代の新しい観光体験―オンラインコンテンツをどう活用するか」をテーマに、やまとごころ代表取締役の村山慶輔さんが「生き残るオンラインコンテンツの傾向とポイント」、島ファクトリー代表取締役の青山敦士さんが「島民との交流を実現したリモートトリップの取組」、東京トラベルパートナーズ代表取締役の栗原茂行さんが「全ての人が楽しめる新しい旅行のカタチ」を演題にそれぞれ講演。3氏によるトークセッションも行う。

時間は15時―16時30分。参加申し込みは3月8日までにhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01r11z11hahis.htmlから。

参加費はいずれの回もTCVB賛助会員が無料、非賛助会員が2500円。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ