楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

好調韓国がけん引し18%増 6月の訪日外客数

日本政府観光局(JNTO、松山良一理事長)によると、6月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比18.2%増の234万7千人だった。6月単月の過去最高を36万人超更新。春夏の繁忙期の狭間といえる梅雨時を迎えたが、韓国をはじめアジア市場からの高需要があり、まずまず好調だった。

JNTOでは航空座席供給量が増加した韓国市場の伸びが大きく、これが全体数を押し上げたとの見解を示す。加えて断食明け大祭の休暇などにあわせた訪日プロモーションも奏功したとしている。

市場別では台湾が単月として過去最高を記録。前年同月比を割り込んだインド、英国、フランスを除くそのほかの主要16市場が6月単月の過去最高となった。

韓国は航空座席供給量が増加に加え、昨年の熊本地震の反動から、同63.8%増の56万9千人に。中国は同0.8%増の58万7千人にとどまったものの今月は最大の訪日市場になった。そのほか、東南アジア各市場や香港の伸びが目立つ。

上半期1―6月の総計は同17.4%増の1375万7千人となり、主要全市場で過去最高を記録。このペースで行けば今年1年間で2800万人超となる。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ