楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

タイ観光庁 2020年はスポーツツーリズムを楽しんで

タイ国政府観光庁(TAT)は2月10日、東京・内幸町の帝国ホテルで会見を開き、スポーツツーリズムを中心に、2020年タイ観光の楽しみ方や見どころを紹介した。

タイのスポーツツーリズムを紹介

今年、設立から60周年を迎えたTATが、日本を始め世界マーケットに向けて新しい魅力として打ち出したのが、「タイ国スポーツツーリズム・アメージングな365日」。従来からファンの多いダイビングやゴルフに加え、ムエタイやタイ各地で年間200大会以上開催されているマラソン、自転車ロードレースなどと、観光スポットを組み合わせるプランの提案に力を入れる。

なかでも上半期最大のスポーツイベントが、モータースポーツの中でも世界最高峰のオートバイレース、MotoGPロードレース「PTT Thailand Grand Prix 2020」。3月20-22日に、タイ東北部のブリーラム県のチャーン・インターナショナル・サーキットで開催される。タイでの開催は2018年の初開催から3年連続。昨年は海外からの来訪者約6万人を含む22万7千人が来場した。

一方、タイでマラソンと聞くと、暑さは気になるところだが、会見前日の2月9日、同じくブリーラム県で、国内外のランナー27000人が参加し開催されたマラソン大会は、気温20-25度のなかで行われた。各地方の気候に合わせたり、早朝スタートなど暑さ対策のなか、多くのマラソン大会が行われている。

会見のため来日したタイ国観光スポーツ省のナッピントーン・シーサンパーン副大臣は、「TAT60周年の今年、365日、毎日が驚きのタイで、アクティブな滞在を楽しんでください。日本を旅行するタイ人も増えており、今年は、訪日タイ人が、訪タイ日本人を上回るかもしれません。こうした相互交流で、両国がますます良好な関係を築いていくことを願っています」と話した。

ナッピントーン・シーサンパーン観光スポーツ省副大臣

また、シントン・ラーピセートパン駐日大使は、「タイ日修好から133年にわたり、両国は良好な関係を築いてきました。両国民がお互いの文化に引かれあい、観光交流も双方向で増加傾向で、訪タイ日本人旅行者にはリピーターも少なくありません。従来から人気のビーチ、タイ料理、寺院、遺跡や買い物以外に、是非、スポーツツーリズムの角度からタイに触れて、見てください。きっと、こんなタイ知らなかったと感じてもらえるはずです。新たなタイの魅力発見してください」と呼びかけた。

シントン・ラーピセートパン駐日大使

2019年、タイは訪問した日本人旅行者は前年を9%上回る180万人、訪日タイ人は16%増の130万人と伸びている。

日本側を代表してあいさつしたJATAの稲田正彦・海外旅行推進部長は、「2020年は新型コロナウイルスで出鼻をくじかれていますが、どこかで潮目が変わるのを機に、海外旅行を盛り上げたい。JATAとTATは日本人海外旅行者の10分の1をタイに送ろうという約束をしています。つまり今年は200万人の訪タイが約束です。また、現在、日本とタイは年間310万人が相互交流しており、これを500万人に伸ばすことも目指したい。スポーツツーリズムは、とても有望な切り口だと思っています」と期待した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ