楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」
ホーム   >   トラベルニュースat本紙   >   インバウンド

インバウンド

新型コロナをやり過ごす 今はダメだけど戻ってくる 

20/02/28

今日のゲストは自転車ツアー男性6人とカヤックツアー女性1人の計7人だった。自転車ツアーはオーストラリアからのグループで、1人はリピーター。今回は友達5人と一緒に参加してくれた。白馬で5日間滑った後、京都を観光し、明日、シドニーに帰る。 ...

韓国低調で4カ月連続減 1月の訪日客

20/02/27

日本政府観光局(JNTO)によると、1月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比1・1%減の266万1千人だった。前年を2万8千人下回り、4カ月連続で前年割れとなった。 今月の低調さも韓国が同59・4%減の31万7千人と急減速したことが...

タイ観光庁 2020年はスポーツツーリズムを楽しんで

20/02/19

タイ国政府観光庁(TAT)は2月10日、東京・内幸町の帝国ホテルで会見を開き、スポーツツーリズムを中心に、2020年タイ観光の楽しみ方や見どころを紹介した。 [caption id="attachment_11436" align="...

さっぽろ雪まつり閉幕 新型コロナなどで来場者72万人減

20/02/12

札幌市の大通公園などで開かれていた、「さっぽろ雪まつり」が11日夜、閉幕した。実行委員会によると期間中の来場者は202万1千人で、昨年より71万6千人少なかった。 [caption id="attachment_11345" alig...

ドバイへの日本人旅行者 2019年は7%増の11万人

20/02/03

ドバイ政府観光・商務局は1月28日、2019年にドバイを訪れた日本人宿泊旅行者数が、前年に比べ7・4%増加し、過去最高の11万2624人だったと発表した。海外からドバイを訪れた全宿泊旅行者数は、5・1%増の1673万人だった。 ラマダ...

訪台旅行の専門サイト「メイリー!台湾」がオープン

20/01/23

台湾、香港向けの日本観光情報サイト、「 ラーチーゴー(樂吃購)!日本」を運営するジーリーメディアグループ(東京都渋谷区)が、1月15日、日本向けの台湾旅行専門ウェブサイト、「メイリー(美麗)!台湾」をオープンさせた。 「まだ⾒たことの...

「その日に送れる」 ツアーベース、当日配送オンラインプラットフォームを開始

20/01/22

観光物流プラットフォームの運営を手掛けるツアーベース(京都市)は1月20日から観光客の荷物を繋ぐオンラインCtoCサービス「TOUR BASE」の提供を開始した。当日配送という圧倒的に利便性の高いサービスの実現により、 観光地を中心にオーバ...

2019年の訪日客 韓国減少で2・2%増の3188万と低い伸び

20/01/20

日本政府観光局は1月17日、2019年(1-12月)の訪日外客数が推計で3188万2千人と過去最多を記録したと発表した。ただ、19年8月以降、韓国からの訪日客激減していることで、伸び率は2・2%増にとどまった。 訪日客数は主要20市場...

2019年の外客旅行消費 6・5%増の4兆8113億円と過去最高

20/01/20

観光庁は1月17日、2019年(1-12月)の訪日外国人旅行者の消費額が7年連続で前年を上回り、6・5%増の4兆8113億円と過去最高を更新したと発表した。 19年は韓国からの訪日客が年間で約200万人減ったものの、旅行消費額は前年を...

Trip.com、春節の人気旅行先1位は「日本」と発表

20/01/20

Trip.comグループはこのほど、 2020年の春節休暇(2020年1月24日~1月30日)のトレンド予測を発表した。中国人旅行者の今春節休暇は日本が人気旅行先トップになったと伝えた。 予測レポートのポイント ・ 人気旅行先ト...

インバウンド アーカイブ

購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ