楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

私たちができることは何か 経産省と復興庁、12月4日に「復興へのあゆみシンポジウムin東京」

21/12/02

経済産業省と復興庁は12月4日、東日本大震災から今年で10年となったことから「復興へのあゆみシンポジウムin東京」を東京都品川区の大崎ブライトコアホールで開く。復興の現状と課題から「私たちができることは何か」を考える。

都内や現地で福島の食を盛り上げるために活動する人々を招き、食材の魅力、消費拡大や流通促進への取り組みを議論。会場開催もあるが、基本的にはオンラインでの参加を呼びかけている。

基調講演は、復興庁の由良英雄統括官が「復興加速化の今とこれから」、経済産業省の須藤治福島復興推進グループ長が「福島第一原子力発電所の廃炉に向けた取り組みについて」を演題に登壇。福島県産品についてのプレゼンテーションも行う。

パネルディスカッションは「復興のために、私たちができること」がテーマ。モデル・女優のトリンドル玲奈さん、東の食の会の高橋大就専務理事、無洲の浅野正義社長、素材広場の横田純子理事長、経済産業省の須藤治福島復興推進グループ長が登壇する。

時間は14―16時。

オンライン参加はhttps://form.qooker.jp/Q/auto/ja/hukkou/2021/から、12月3日までに申し込む。

復興へのあゆみシンポジウム

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ