楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日観振が「観光客受入に向けた環境整備プロジェクト」、JTBが参画 スマートゴミ箱を観光地に設置

23/10/27

日本観光振興協会(山西健一郎会長)は10月18日、「観光客受入に向けた環境整備プロジェクト」を展開すると発表した。JTB(山北栄二郎社長)が参画し、日本たばこ産業のRethink PROJECTも協賛。IoTスマートゴミ箱「SmaGO」を設置しエコでクリーン、持続可能な観光地づくりにつなげる。

プロジェクトは、観光地の観光客受入環境整備、SDGs推進を目的に創設。「SmaGO」はIoT技術を使ったゴミ箱で、ゴミの収集作業を効率化しポイ捨て対策やCO2排出量の削減効果が期待できるというもの。コロナ禍後、各地でオーバーツーリズムによるゴミ問題が深刻化していることを受け、インバウンドから指摘されるゴミ箱が少ないという日本観光が抱える課題解決につなげようとプロジェクトを企画した。

第1弾として同日、昇仙峡(山梨県甲府市)に「SmaGO」を設置。今後全国的な展開を見据え、観光地と連携を図る。

昇仙峡

多くの観光客の来訪が予想される秋の昇仙峡(イメージ)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ