楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

北海道エアポートグループ、北海道内7空港特定運営事業で基本協定書を締結

19/08/09

北海道エアポートグループは9日、国土交通省・旭川市・帯広市・北海道(以下「管理者」)と基本協定書を締結した。7月3日に「北海道内7空港特定運営事業等」(本事業)の優先交渉権者に選定されていた。安全・安心の確保を最優先として、道内7空港に国際ゲートウェイ機能を分散・拡大し、地域との連携を通じて北海道全域での周遊を促進する。

北海道エアポートグループは、北海道空港を代表企業として、三菱地所、東京急行電鉄、日本政策投資銀行、北洋銀行、北海道銀行、北海道電力、サンケイビル、日本航空、ANAホールディングス、三井不動産、三菱商事、岩田地崎建設、道新サービスセンター、電通、大成コンセッション、損害保険ジャパン日本興亜の17社から構成されるコンソーシアム。

今後は、締結した基本協定書に基づき、SPCの設立や実施契約書の締結に向けた準備を進める。また、具体的な進捗状況は、管理者と関係者が協議しながら、発信する。実施スケジュールは次の通り。

令和元年10月頃   運営権設定・実施契約の締結
令和  2年 1月15日  7空港一体のビル経営開始
令和  2年 6月  1日  新千歳空港運営事業開始
令和  2年10月 1日  旭川空港運営事業開始
令和  3年 3月  1日  稚内空港・釧路空港・函館空港・帯広空港・女満別空港運営事業開始

「広域観光の振興を実現するとともに、全道の地域経済の活性化に貢献していく」と同グループ。提案内容は以下の通り。http://www.mlit.go.jp/common/001302612.pdf

事業概要

事業概要

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ