楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ANA、那覇空港に新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」導入

19/10/30

ANAは11月5日、那覇空港出発カウンターを一新する。到着してから搭乗するまでの流れをよりシンプルでわかりやすく、スムーズにする新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を導入。出発カウンター全体のレイアウト・デザインの変更、「ANA Baggage Drop」サービスの導入、および「Special Assistanceカウンター」の設置を行い利便性などを高める。

那覇空港出発カウンター

1.出発カウンターのレイアウト変更とデザインリニューアル

出発カウンターのレイアウトを変更し、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」や自動チェックイン機を集約して配置することによって特定のカウンターの混雑を防ぎ、待ち時間の削減を実現する。加えて、搭乗手続きや手荷物のお預かり等の案内表示が、出発するすべての人に一目でわかるよう、大きな文字やピクトグラムを活用したデザインに変更する。

案内表示に使用するピクトグラム例

2.自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」サービスの導入

よりスムーズに出発前に手荷物を預けれる自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を16台導入する。客が自身で手荷物を自動手荷物預け機の中に入れ、表示される操作案内に従い、預けを完了させることができる手荷物の自動受託サービスだ。海外の客にも利用できるよう日本語に加え、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語の4ヵ国語の案内に対応している。

自動手荷物預け機

3.お手伝いが必要なお客様専用の「Special Assistanceカウンター」の設置

体の不自由な人、子ども連れ、搭乗に際し手伝いが必要な人が利用できる居室型の「Special Assistanceカウンター」を設置。カウンター内部の床材等を車いすやベビーカーで利用する際の快適性を考慮した素材にし、車いすのまま手続きが可能な高さの低い手続きカウンターを導入するなど、ユニバーサルデザインに配慮したサービスを提供する。

ANAでは、2015年より国内空港(羽田、新千歳、福岡、那覇、伊丹)へ新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を順次導入し、空港での手続きの極小化や待ち時間の抑制、よりわかりやすい導線の実現に向けて取り組んでいる。

ANA FAST TRAVELは、ANAが新たに提供する搭乗スタイルであり、2015年7月より羽田空港、2017年11月より新千歳空港、2018年6月より福岡空港に展開しており、導入が完了するのは那覇空港が4番目となる。なお、伊丹空港へも現在2020年夏に向けて順次導入中だ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ