楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

二人乗りベビーカーのバス乗車で国が指針 たたまず使用はOK

20/04/01

国土交通省は3月31日、二人乗りベビーカーの乗り合いバス利用について、標準型については「折りたたまずに使用できる」とする指針を発表した。国としての考え方を示すことで、利用者、事業者の理解促進を図り、複数の乳幼児を連れて公共交通機関を利用しやすい環境を整える。

車輪ロックなど安全対策と、運転手には補助を要請

乗合バス利用にあたって、二人乗りベビーカー利用者には、①ベビーカーのシートベルトの着用②進行方向後ろ向きにベルトで2カ所固定③ベビーカーの車輪のロック④走行時は片手でハンドルを支える-ことが必要になる。

一方、バス事業者には、①バスへの乗降は、求めに応じ運転者が補助②横型の二人乗りベビーカーの場合は、座席(2席)の跳ね上げを運転者が補助③すでに座っている方がいれば運転者が移動を要請-などの対応を求める。

バス事業者に対しては、二人乗りベビーカーを固定できるベルトの設置やスリースペースを確保できる車内レイアウトの改善、社内の周知を要請する。

また、国はベビーカー利用への周囲の人の理解・配慮を求めるキャンペーンを実施することにしている。

子連れ移動のバリアフリーで子育て支援

公共交通機関でのベビーカーについてはこれまで、一人乗りは、折りたたまず使用できることを基本としていた。ただ、二人乗りについては、通路を塞いでしまうことなどの理由で、他の乗客から苦情を言われたり、折りたたまないと乗車できないとするバス事業者もあった。

国交省では、公共交通機関等のバリアフリー化進める中で、子育てを支援する観点からも、ベビーカー使用者を含む、子ども連れの方々が移動しやすい環境の整備を進めようと、安全性実証試験を行った上で、「子育てにやさしい移動に関する協議会」で、二人乗りベビーカーの使用法についての指針をまとめた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ