楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:日本バス協会が予防対策ガイドライン

20/05/27

日本バス協会は5月14日、コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを公表した。主に従業員の感染防止策で、健康管理や通勤、事業所での勤務について留意事項を記している。

健康管理では、可能な限り朝夕2回の検温を求めている。発熱や咳などのある場合は自宅待機とする。テレワークや時差出勤、週休3日制の採用などで通勤の頻度を減らす。事業所ではできる限り2メートルの対人距離確保に努める。

事業所や車両について、ドアノブやスイッチ、椅子、テーブルなどの共有設備の洗浄・消毒のほか、工具を使用した場合など手洗いを徹底する。運転席と後部座席の間に防護スクリーンを設置するよう努める。運行中はマスクを着用する。

乗客に対しては、車内に可能な限り消毒液を装備したうえで、乗車時に手指の消毒をお願いする。また、アナウンスや掲示などで、車内でのマスク着用や会話を控えることなどを呼びかける。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ