楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本 現美新幹線の運転を12月19日に終了

20/07/28

JR東日本は7月27日、現美新幹線の運転を12月19日で終了すると発表した。

12月で引退する現美新幹線(越後湯沢-新潟駅)

2015年4月にデビュー。外観のデザインをマルチ芸術家の蜷川実花さんが担当し、車内にはアートを展示するなど、世界最速の走る美術館として話題を集めた。週末を中心に越後湯沢-新潟駅間を往復した。同一県内を走る唯一の新幹線でもあった。

引退の理由について同社新潟支社は「車両検査期間5年間の満了に伴うもの」と説明した。引退後の扱いや、後継列車などについては決まっていない。

運転終了まで土日祝日を中心に1日3往復運転する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ