楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「瑞風」、来年2月17日に運行再開 JR西日本、ウィズコロナ適応の新サービス導入

20/08/29

JR西日本は8月26日、豪華観光列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行を来年2月17日から再開すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響と車両の定期検査で2月末から運休していた。

運行再開にあたり、ウィズコロナ時代に適応したサービスを導入。食事は部屋食での提供となり、夕食前にはラウンジカーなどで食前酒などを提供する「アペリティフタイム」を新設する。客室にはタブレット端末を設置し非接触型のサービス提供を充実。地域での立ち寄り観光は少人数での観光とし、観光バスは専用バス「瑞風バス」に加え貸切バスも用意するなど三密を回避した設定にする。朝食は沿線の人気店で地産の特別メニューを用意する。

また、出発駅は山陰コース(下り)が大阪駅に、山陽コース(下り)と山陽・山陰コース(周遊)が新大阪駅になり、列車内でのチェックインに。車内での換気、感染防止対策も徹底して運行する。

第13期運行となる来年2月17日―6月28日出発分の販売も専用窓口「TWILIGHT EXPRESS 瑞風 ツアーデスク」で開始する。募集人数は各出発日とも最大28人。10月1日から専用サイトまたは郵送で受け付ける。サイトは11月30日締め切り、郵送は10月15日受付開始、11月30日必着。

詳しくは公式サイト(http://www.twilightexpress-mizukaze.jp)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ