楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

没後1400年御遠忌の聖徳太子にスポット JR西日本、今春の「ちょこっと関西歴史たび」キャンペーン

21/02/28

JR西日本は、季節ごとに実施している「ちょこっと関西歴史たび」キャンペーンの今春は、没後1400年の御遠忌を迎える聖徳太子にスポットを当てた企画を展開する。聖徳太子ゆかりの大阪府、奈良県の寺院で特別拝観や企画展を実施。聖徳太子節目の年だからこそ味わえる歴史紀行へ誘う。期間は3月20日―6月30日。

四天王寺(大阪市天王寺区)では、僧侶による説明がつく特別境内案内や春季名宝展、聖霊院絵堂の特別御開扉、地元ガイドによる境内案内などを実施。法隆寺(奈良県斑鳩町)では特別法話とガイドツアーや歴史探訪ツアー、達磨寺(奈良県王寺町)では方丈展示の屏風絵ミニ講座と境内案内、信貴山朝護孫子寺(奈良県平群町)では僧侶の案内での特別拝観、精進料理と聖徳太子孝養像写仏などを設定している。

また、愛染堂勝鬘院(大阪市天王寺区)では、秘仏愛染明王の特別御開帳を。奈良国立博物館(奈良市)では連動企画として特別展「聖徳太子と法隆寺」を開く。

詳しくは各寺院のサイトか、JRおでかけネット「西Navi」ウェブページ(https://www.jr-odekake.net/navi/)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ