楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光ゴーストタウン

24/05/27

フランス人で名古屋市在住のサスティナブル観光アドバイザー、ジュリ・ボウさんから「観光ゴーストタウンをつくらないコツ」という話を聞いた。観光ゴーストタウンという言葉は初めて耳にしたが、ジュリさんが言うのにはインバウンドに頼っているところで「土日は人混み」「おしゃれなカフェだらけ」「救急車を呼ぶのに30分以上かかる」「その地に住むことが苦痛」「コンビニしかない」「人気店の親会社は地域外」というまち。

言ってみれば遊園地化されており、いずれ陳腐化して観光客は行かなくなり観光ゴーストタウン化する危険性があるそうだ。特にヨーロッパ人は、観光名所より誰も行かないような地へ行きたがり、「遊園地化された観光地」には足を運ばないと指摘する。

「今インバウンドが来ていない観光地はチャンスです。人が少ないところほど、ディープな日本を見ることができるからです」と、訪日観光客誘致に出遅れているところほど自分たちが来てもらいたい客層を誘致できる可能性が高いという。

ジュリさんは「観光のための観光ではなく、その地の文化や生活、食があっての観光でないと、円安が終わった後の日本に観光客は来なくなりますよ」と警鐘を鳴らす。真摯に耳を傾けたい。

(トラベルニュースat 24年5月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ