楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JALの地域プロモーション活動、12月は北海道阿寒摩周を特集

21/11/30

日本航空(JAL)が地域振興を目的とした「JALふるさとプロジェクト」の一環で展開している「地域プロモーション活動」の12月は北海道阿寒摩周エリアを特集する。自社媒体や機内食など様々な企画を通して阿寒摩周の大自然と共生する暮らしを求めての旅の魅力を伝えていく。

機内誌「SKYWARD」では、「森からはじまる冬の旅」をテーマに冬の森でのカヌーや日本一のカルデラ湖「屈斜路湖」の魅力、「阿寒湖」での過ごし方など雄大な自然と冬のアクティビティ、自然と生きる人々の思いなどを紹介。機内ビデオでは客室乗務員が旅した、アイヌコタン(集落)や、フキの皮を活用した紙漉き(かみすき)体験、アトサヌプリ(硫黄山)などアイヌ民族の生活に触れる旅の魅力を伝える。

雄阿寒岳と阿寒湖

雄阿寒岳と阿寒湖(イメージ)

国内線ファーストクラスでは機内食として北海道白糠町の漆崎雄哉シェフさんが監修した夕食を提供。じゃがいも・さやあかねを使用した「ビシソワーズ」やボウを使用した「ポタージュ」、ラム肉や阿寒ポークを使ったメイン料理など地元食材にこだわった料理が味わえる。

そのほか、JALパックでのツアー設定などで旅の需要を喚起する。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ