楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

わざわざ来る価値あり!「AMA場」の魅力 徳島県阿南市・高知県室戸市・安芸市

18/04/03

徳島県阿南市、高知県室戸市と安芸市の3市でつくる「AMA地域連携推進協議会」の皆さんが来社。観光目的地として認知度は低いものの「わざわざ来て、ゆっくりしてもらえる“AMA(穴)場”」の魅力をアピールした。

3市の協議会は、高速道路の誘致を含めた広域的な連携に取り組もうと2008年に設立。今年で10周年を迎えたことを機に初めてメディア訪問を行った。

阿南市商工観光労政課の小谷寿之さんは「青色発光ダイオードで有名な日亜化学工業があるまちです。まちじゅうLEDを活用しています」。

室戸市観光ジオパーク推進課の池内惇平さんと浜渦真理さんは、空海が修行した室戸岬がユネスコ世界ジオパークに認定されていることを紹介。「室戸世界ジオパークセンターがリニューアルオープンしました。従来2面だった大型スクリーンが3面になり、ジオパークの魅力をより体感していただけます。キラメッセ室戸も昨年リニューアルしVRやARなどデジタルコンテンツが充実しました」と池内さん。

安芸市商工観光水産課の野﨑一生さんは「岩崎彌太郎の生家があり三菱源流のまちです。食べ物では『安芸釜あげちりめん丼楽会』が活動し、ちりめん丼を市内15店舗で提供しています」。

名物丼は、ほかの2市にも。阿南市はハモやシイタケなど特産品がてんこ盛りの「あなん丼」、室戸市は目前が深海のためキンメダイや地鶏の刺身を盛り合わせた「室戸キンメ丼」がある。3市とも豊かな海山の幸が自慢だ。

また3市共通の売りものはパワースポット。安芸市の「伊尾木洞」は神秘的な洞窟。室戸市は、根が縦横にはうアコウの木。阿南市は、1万体の招き猫をまつる「お松大権現」と、四国のガウディと呼ばれているセルフビルドの喫茶店「大菩薩峠」がある。「そんなAMA(穴)場を探しに来てください」と皆さん。

AMA地域連携推進協議会の皆さん

AMA地域連携推進協議会の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ