楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ツアー利用増、九年庵が人気 佐賀県神埼市

18/11/05

佐賀県神埼市商工観光課の執行真知子さんと巣守健介さん、佐賀県観光連盟の伊藤宗修さん、佐賀県関西・中京事務所の坂元賢治さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、神埼市の紅葉の名所「九年庵」などを紹介した。

九年庵は、明治から昭和初期に活躍した実業家の伊丹弥太郎が9年の歳月をかけて建造した邸宅と庭園で、国の名勝に指定されている。毎年春と秋にだけ一般公開され、今年は11月15―23日に美しい紅葉を見ることができる。3年ほど前から関西発のツアーの立ち寄りが増え、ツアー本数では福岡を上回るようになった。

執行さんは「九州新幹線・新鳥栖駅からほど近く、西九州のツアーで最初に立ち寄っていただけるスポットになっています。九年庵から佐賀県内を周遊する1泊、2泊のツアーも多いです」。

さらに九年庵の紅葉を「標高1千メートルを超す脊振山地があり、寒暖の差が大きく紅葉が美しくなります」とアピールする。

伊藤さんは、神埼市に今年オープンした王仁博士顕彰公園も合わせ「佐賀県では維新150年を記念した『肥前さが幕末維新博覧会』を開催しています。歴史探訪の秋の旅はいかがでしょうか」と話していた。

佐賀県の皆さん

佐賀県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ