楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

しま旅、アジフライ、スイーツ−旅の素材が充実 長崎県

19/07/11

長崎県大阪事務所の十楽昇侍さんと共同ピーアールの神津眞一さん、宇髙教子さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、旬の観光トピックを紹介した。

今、人気を集める離島への旅「しま旅」。長崎県では対馬、壱岐、五島、新上五島、佐世保・宇久の国境離島地域6エリアへの「長崎しま旅わくわく乗船券」を設定し、離島への旅を促している。各島への航路の往復乗船券に100円を加えると、最大8千円の観光体験クーポン券がつく、宿泊者限定企画だ。

十楽さんは「都会では味わえない離島の自然や文化を、この夏こそ体験してほしいですね」。

県内で注目のエリアは、県北の松浦市。市が今、猛プッシュしているグルメが「アジフライ」だ。アジの水揚げ全国トップクラスを誇るが、地元ではアジフライは当たり前のメニュー過ぎて、そこまで注目していなかった。これを観光素材として生かそうと取り組みが始まり、友田吉泰市長も前面に出てPRを展開。地元の高校生もファミリーレストラン「ジョイフル」に「ぜひメニューに加えて」と要望する手紙を送り、それが実現されるなど「アジフライの聖地」としての地盤固めが着々と進んでいる。

神津さんは「地元も松浦のアジフライのすごさに気づき始めました。わざわざ食べに来る価値があります」。

長崎県の食は魚だけではない。五島市では、福江のまちをサイクリングしながらスイーツを味わってまわる着地型プランを設定。道中では和菓子、洋菓子なんでもありの“食べまくり”。女性だけでなく甘党の男性にもアピールしている。

宇髙さんは「女性は旅の途中、休憩したい、お茶したい、しゃべりたいものなんです。甘いものでゆっくり、にぴったりのプランです」。

長崎県の皆さん

長崎県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ