楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

四国の穴場「AMA地域」へ 徳島県阿南市、高知県室戸市・安芸市

19/04/15

四国島南部の徳島県阿南市と高知県室戸市、安芸市でつくる「AMA地域連携推進協議会」の皆さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、「四国の穴場中の穴場、春のAMAへ」とアピールした。

3市共通の売り物はパワースポット。安芸市の神秘的な洞窟「伊尾木洞」、室戸市の根が縦横にはう「アコウの木」、阿南市は1万体の招き猫をまつる「お松大権現」と四国のガウディと呼ばれるセルフビルドの喫茶店「大菩薩峠」を売り込む。

また現在「AMA旅物語・春」を展開中。毎年4月になると1万5千本のつつじが咲き誇り5月までつつじ祭りが開催される安芸市の「内原野公園」、2千本の桜が圧巻で室戸市唯一の桜の名所「県立室戸広域公園」、園内に40種類1千株の花菖蒲や紫陽花、立ち葵が咲く阿南市の「住吉菖蒲園」を紹介した。

このほかご当地グルメもアピール。安芸市商工観光水産課の野﨑一生さんのおすすめは「安芸釜あげちりめん丼」。室戸市ジオパーク推進課の池内惇平さんと吉本昌弘さんが推すのは、キンメダイや地鶏の刺身を盛り合わせた「室戸キンメ丼」。阿南市の小谷寿之さんと島村暸一さんは、ハモやシイタケなど特産品が盛りだくさんの「あなん丼」を自慢した。

AMAの皆さんは「交通アクセスが悪いからこそ、手つかずの自然や知られざる歴史・文化、グルメ、名産品があります。AMAの魅力を探しにお越しください」。

AMA地域連携推進協議会の皆さん

AMA地域連携推進協議会の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ