楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

18年4月10日号 トラベルニュースat本紙

18年4月10日号トラベルニュースat本紙

バスツアーの新しい波 増える“クルーズバス”

豪華列車、クルーズに代表される高級志向の旅の潮流は、バスツアーにも及んでいる。座席数を減らしてファーストクラス並みの寛いだ車内空間と広々とした化粧室を備えたバス、バーカウンターが備わり車内で地酒を味わえるバスなど豪華バスが相次いで登場している。軽井沢のスキーバス事故などの影響で「安かろう、悪かろう」といった負のイメージを刷新、バスツアーの新しい波を起こす。

滋賀県おごと温泉特集「水と緑と歴史文化-輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地としての存在感を高めるべく魅力アップへの取り組みが進む。端緒となった最寄り駅名の「JRおごと温泉駅」への改称から今年で10年。その間、打ち出した「比叡山に一番近い」「港のある」「ハブ」という温泉地スタイルは着実に浸透してきた。新しいおごと温泉の魅力に今、迫ろう。

富山県立山黒部特集「春が来た!富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを貫く観光ルートがシーズンを迎え、春は巨大な雪壁、夏は緑鮮やかな木々、秋は紅葉と季節に応じて姿を変える自然の美しさは旅人の心をとらえて離さない。高山ならではの景観と黒部峡谷、黒部ダムとあふれんばかりの魅力を求めて、今年も立山黒部へ出かけよう。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ