楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

急拡大する豪マーケット

今、クルーズ人口の増加が著しい国が中国とオーストラリアです。

オーストラリアでは古くからトラディッショナル・スタイルのクルーズは人気がありましたが、2000年代になってアメリカから現代クルーズが進出して、マーケットの急拡大が始まり、16年の統計では、クルーズの浸透率(クルーズ人口/人口)はクルーズ先進国のアメリカの3.5%を抜いて、4%に達しました。人口の4%の人が毎年クルーズを楽しんでいることになります。この数字を日本に当てはめると530万人となり、現在の日本のクルーズ人口の約21倍になります。

何がオーストラリアのクルーズを、こんなにも成長させているのかを見てみたくて、3月にシドニー発着のクルーズ客船「オベージョン・オブ・ザ・シーズ」に乗船することにしました。まず、下調べとして「地球の歩き方」のシドニー版を見て驚きました。巻頭のカラーページに6ページも割いて、シドニー発着のクルーズの紹介があるのです。たぶんシドニー在住の情報提供者からの情報に基づいてのページだと思いますが、それほどクルーズがシドニーで根づいているということなのでしょう。クルーズの認知度がオーストラリアではとても高いということを物語っています…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2018年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ