楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

LGBT対応の重要性

19/03/25

2018年の訪日外国人客数は3119万人で、19年も3600万人が予測されている。そのなかで注目を集めているのがLGBT(同性愛や両性愛、心と身体の性が一致しない人たちの総称)ツーリズムで、2020億ドル(約23兆円)の市場があると言われている。

LGBTツーリズムの普及のために1983年に設立されたのがIGLTA(国際ゲイ&レズビアン旅行協会)という旅行業団体で、世界80カ国に2千社以上の会員がおり、旅行会社やホテル、航空会社、自治体、観光局が加盟している。

日本では14年にホテルグランヴィア京都、今年2月には近畿日本ツーリスト関西(KNT関西)が加盟し、大阪観光局も今年2月、LGBTをターゲットにしたPRサイトを立ち上げるなどLGBTに着目する動きが活発化。国や観光事業者はセミナーなどを開いて、多様な旅行客を招こうとする取り組みが増加傾向にある。LGBTの人たちは富裕層が多いとされ、観光地や宿泊地に対して厳しい目を持つことから、LGBT層を満足させるサービスが提供できれば、どのような顧客にも高い満足度を与えることができるとの見方もあるほどだ。

いってみればLGBTの対応次第で国内外に認められる観光大国になる可能性があるといっても過言ではない。

(トラベルニュースat 19年3月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ