楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

感染拡大を予防し営業

20/06/10

新型コロナウイルス感染症の拡大は一時よりも落ち着きをみせたものの、観光業界を取り巻く環境は依然厳しい。それでも6月19日からは県境を越えた行き来の自粛が解除され、今後は旅行業や宿泊業、バス業などがコロナウイルスの感染防止と事業活動を両立させる対応が求められる。

すでに各業界団体からガイドラインが示され、「三密」を避ける旅程管理、宿泊者が集中しないオペレーションなど、各業種で感染拡大を予防するための対策の普及、実践が本格化。「ウイズ・コロナ」でウイルスに感染しない万全の態勢で、旅行客を迎えていこうとしている。

そんな中、バイキングやブッフェ料理を行っている宿泊業者や「密」の状態のまま昼食を提供するドライブインがあると聞く。旅行客はお客様であると同時に、発信者であることを肝に銘じるべきだ。SNSなどで一方的な正義感をふりかざし罵詈雑言を拡散させる「自粛警察」ならぬ「観光ポリス」を出現させかねない。観光産業からクラスターを発生させないことはもちろん、業界のイメージ低下につながることは厳に慎みたい。

ガイドラインを遵守し、業界を挙げてしっかりと感染拡大を予防しながら、自粛疲れの旅行客を心よりお迎えしたい。

(トラベルニュースat 20年6月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ