楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

第4の開国に備える ひがし北海道自然美への道DMO・コロナ後の戦略へシンポジウム(1) 変革経済に対応する「マーカー」

鎖国が開けた幕末の「第1の開国」、戦後の「第2の開国」、小泉政権の観光立国宣言に伴う「第3の開国」―。そして今、コロナ禍が収束し世界が一斉に開かれる「第4の開国」が迫っている。世界規模で観光誘致合戦が必至な中で、何を準備し何をすべきなのか。そんな刺激的な問い立てで、ひがし北海道自然美への道DMO(上野洋司会長)が1月末にシンポジウムを開いた。

訪れなければいけない地域に

基調講演は、北海道大学国際広報メディア観光学院の石黒侑介准教授。コロナ禍によって世界は同条件で鎖国状態になった。だが、競争環境は変わらないとした上で、コロナ後について石黒さんはこう話した。

「特定媒体を使いターゲットを絞って誘客する時代ではなくなる。社会全体の雰囲気をどう醸成していくかをデスティネーションとしてアプローチしていかなければならない」「デザインされた心地良さをちゃんとセッティングすること」。後者については行きたいところに行く観光ではなく行きたいところを事前にデザインし予約する動きが顕著になる、とした。

社会全体を動かす観光地域のキーワードとして、石黒さんは「マーカー」という考え方を示した。これは、観光資源を観光アトラクション化することで価値を高め「訪れざるを得ない状況」をつくる戦略で、資源そのままではなくストーリーや自己変革の場であることを示すものだという。

石黒さんは、エクアドルで路上に赤道が描かれ自らがまたいでいる写真を見せた。「実はGPSで測定すると、ここは赤道ではなかった。でも、その真正性よりも赤道をまたいだということが大事であり、エクアドルはこれがマーカーになっている」。つまり資源を訪れざるを得ないよう観光客をアトラクト(魅了)しマーカーとして発信していくことが情報戦略に欠かせないと説いた。

(トラベルニュースat 22年2月25日号)

(次の記事)第4の開国に備える ひがし北海道自然美への道DMO・コロナ後の戦略へシンポジウム(2) オーガニックイメージをつくる

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ