楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光再生宣言に思う

21/03/25

日本観光振興協会(山西健一郎会長)が3月1日に発表した「日本の観光再生宣言」。観光業界の果たす役割と重要性を再認識し日本の観光の再生を通じてコロナ禍の危機を乗り越え、持続可能性な地域社会を実現していくことを表明するものだ。

1日に開いた記者会見では山西会長のほか、JR東日本の冨田哲郎会長、JTBの髙橋広行会長、西武ホールディングスの後藤隆志社長ら副会長らが顔を揃えた。日本旅館協会の浜野浩二会長もリモート参加するなど、観光業界を代表する面々が一堂に介して、業界の実情を訴えるとともに、これからの取り組みをアピールする機会となった。

ところが残念なことに、一般の人たちどころか業界関係者がこの宣言をあまり知られていない。本紙でも3月10日号で掲載しているので、自らの力不足を恥じ入るばかりだ。

日観協では、この宣言に賛同する企業や団体に対して署名を募っているものの、3月17日の時点で583件にとどまる。その比率は市町村など観光協会と地域連携DMOが105件で18%と最も多く、次いで観光施設・宿泊施設が84件、14・4%。それに比べて旅行業は35件、6%に過ぎない。

この低さは、本来市場と対峙する第一線にいるはずの旅行業の情報不足が顕著に表れていると思える。

(トラベルニュースat 21年3月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ