楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

逆境を踏ん張るために

22/01/25

昨年末ようやく新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、観光業界にわずかながら動きが出てきたと思ったら、今度はこれまで以上に感染拡大が早いオミクロン株で、またもや旅行・宿泊業はキャンセルの嵐。全国各地でこれまでにない数の新規感染者数が報じられている。

それに合わせて地方自治体からまん延防止等重点措置の適用申請が行われ、政府は「今後の感染者数の推移や病床使用率を見極めたうえで、1月25日に正式決定する」との見通しだが、今の状況では適用を決定するのは間違いない。

そうなると、さらなる予約キャンセルにつながり、我々の業界の冷え込みはきつくなる一方だ。中小旅行会社の数社は「これまでなんとか踏ん張ってきて、ようやく明るい兆しが見えてきたところで、オミクロン砲をくらった。心が折れそうだ」と、悲痛な声を上げる。

ある旅館では「自社でのキャンセルも大変だが、それよりも仕入業者はすでに仕入れたものを処分しなければならず、金額的にも被害が出てしまう」と気遣う。旅館ホテルでは、予約団体が近隣だった場合は料理をデリバリーし食品ロスを軽減しているところもあるそうだ。

キャンセルという逆境をチャンスに転じされる方策はないものか。恨み節ではなく知恵を絞りたい。

(トラベルニュースat 22年1月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ