楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

銀山温泉の危機対応

22/03/25

最大震度6強を観測した3月16日の東北地方を襲った地震。同日、山形県の銀山温泉に宿泊していた知人が地震に被災した。銀山温泉は地盤が固いため地震の影響はほとんどなかったそうだが、最寄りの在来線はストップ。山形空港までのバスは運行していたものの、航空便は満席で乗ることができなかった。

どうしたものか考えていると、旅館から「旅館組合でバスをチャーターします。福島駅経由で那須塩原駅まで行けば、新幹線は動いています。料金はいただきますが、そこまで行けばお帰りになれます」と打診。知人は乗車し無事帰宅した。

バスが出発するとき、旅館組合の代表が「宿泊されたお客様に安全にお帰りいただくことが自分たちの責任であり、使命です」と話したそうだ。宿泊客に安心して泊まっていただき、何の問題もなくお帰りいただくというのが宿屋の原点。この当たり前とも言える原点を常日頃から念頭に置き、客を迎えているからこそできた銀山温泉の人たちの対応。

知人は「本来なら翌日、山形観光を楽しむ予定だったが、それ以上の感動と感謝の旅となりました」。万が一、不慮のときの対応次第で宿屋、温泉地のファンが生まれることもある。いざという時の危機管理、リスクマネジメントの大切さを知人の話から改めて感じ入った。

(トラベルニュースat 22年3月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ