楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ユネスコ無形文化遺産に 日本温泉協会、「温泉文化」で登録目指す(3) 地熱開発の安全性も話題に

秩序ある開発を要望

日本温泉協会の2023年度会員総会では、地熱開発の安全性も話題にあがった。

温泉を活用して発電する地熱発電所は2020年3月現在で、全国70カ所で行われている。そのなかでも、発電出力が1千㌔ワット以上の地熱発電所は24カ所を数えるという。

総会で、笹本森雄会長は「大深度掘削による地熱開発が近隣の温泉源に影響を与える可能性は否定できない」と強調し「地熱開発が日本の温泉源に影響を与えないように秩序ある開発を要望する」と訴えた。

日本温泉協会

総会であいさつする笹本会長

今年度の事業については、「温泉文化」のユネスコ無形遺産登録推進に加えて、入浴エチケット関するにポスターによる入湯客のマナー向上、温泉モニタリング装置開発普及への協力、レジオネラ属菌対策や温泉に関わる新しい課題の検討などに取り組むことなどを決めた。

なお、24年度総会は宮城県の秋保温泉で開催することも決まった。

(トラベルニュースat 2023年7月25日号)

(前の記事)ユネスコ無形文化遺産に 日本温泉協会、「温泉文化」で登録目指す(2) 「ONSENカルチャー・イン・ジャパン」

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ