楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

非常時に発揮するGNN理論

24/02/10

中小旅行会社の人たちがよく口にするのは「団体が減って個人化になってしまっては商売にならない」「後継者がいないから自分の代で廃業だ」「こんな割の合わない商売は子どもらに継がせられない」といった後ろ向きな発言が目立つ。しかしながら震災や自然災害などで困っている観光地があると送客するため即行動する。後ろ向きな姿勢が嘘のように活動的だ。

今回1面で紹介した山代温泉観光商談会に集まった旅行会社の人たちも同様で、現状を聞き「北陸、山代温泉へ送客しよう」と即決した。SNS上のグループを立ち上げIDを交換、中小旅行会社のDNAはしっかりと今風のやり方で、次世代にもしっかりと引き継がれている。

宿泊業界はOTA依存で、どちらかといえば中小旅行会社との関係を断とうとする向きもある一方、有名温泉地の大型旅館は、旅行会社からの送客のうち中小旅行会社が70%を占め「頼りになる存在」と評価している。カラオケやお銚子一本をサービスしてほしい、などと旧時代の“おねだり”をするところもあるようだが、旅館や観光地が困ったときには、中小旅行会社が持つDNAであるGNN(義理・人情・浪花節)理論が発揮され「頼りになる存在」に変ぼうする。能登半島地震でもGNNで、存在感を示してほしい。

(トラベルニュースat 24年2月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ