楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「深化」する東尋坊

24/05/13

福井県を代表する名所の一つ東尋坊。バスツアーなどによく組み込まれており、テレビのサスペンスドラマでも犯人が追いつめられるシーンの定番スポットとして知られる。しかし、その本質は、柱状節理といわれる巨大な岩壁が1キロにも渡って続く他では見ることのできない景勝地であることだ。

その様は朝鮮半島の金剛山、スカンジナビア半島のノルウェー西海岸と並んで柱状節理世界三大絶勝に位置づけられているほどなのだが、学術的な興味がない人以外、世界に誇れる名所であることに気づかない観光客がほとんどではないか。

その理由を東京大学で建築設計学を研究する川添善行さんは「周辺がコンクリートとアスファルトに覆われ、柱状節理よりも人工舗装が目立ってしまい、素晴らしい景観であることに気づけない」と指摘する。現在、川添さんを中心に東尋坊を緑化し、地形が育んできた文化や歴史を感じることのできる場に生まれ変えようとする事業が始まっている。

旧来の単なる立寄り先の観光地としての価値観が古くなったことで、本来その地が持っている本質的な魅力を再度磨き「深化」させ新たな名所にする。持続可能という流れの中で、すでに同じ発想で取り組んでいる観光名所もあるだろうが、東尋坊が進める深化を見届けたい。

(トラベルニュースat 24年5月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ