楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

健全な民泊普及へ一手(1) 東京都がガイドライン策定

今年6月15日に施行される民泊新法(住宅宿泊事業法)による、民泊事業者の届け出の受け付けが開始される3月15日を前に、東京都は2月19日、「住宅宿泊事業の実施運営に関するガイドライン」を策定した。昨年12月に国が策定した住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)に都独自の規定として、届出の際に、住宅の安全確保について建築士の確認を求めることや、消防機関に対し、消防法令の適合状況について相談などを行ったことが分かる書類の添付を義務づけることなどを追加している。

安全確保へ規定

東京都では「民泊事業の適正な実施運営の確保や届出手続きの明確化のため、区市の意見を踏まえて策定した」と説明。あわせて健全な民泊の普及に配慮したものだとしている。

民泊新法関連法では都道府県や政令指定都市、特別区、保健所設置市は条例制定が認められていて、都のガイドラインが適用されるのは、東京では基本的に23区と八王子市、町田市を除いた区域になる。

ガイドラインでは(1)事業を営もうとする者に対する事前準備の指導と届出に関する事項(2)民泊事業者への指導と監督(3)関係機関との連携―に、都独自の規定を設けた。

東京都民泊ガイドライン

増え続ける民泊利用者に対して
安全・安心の確保へ各地が独自の動き
(イメージ)

(トラベルニュースat 18年3月10日号)

(次の記事)健全な民泊普及へ一手(2) 事前相談や研修会など都独自の規定

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ