楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

果たしたい役割 平成30年7月豪雨-旅行業界に求める「発信」「送客」(2) ネット予約中心に打撃大きく

リアルエージェントの強みは「信頼関係」

愛媛県も風評被害に悩む。松山市の道後温泉も打撃を受けている。ある旅館経営者は「自社ホームページ、OTA経由のいわゆるネット利用のお客様が軒並みキャンセル状態です」と嘆く。

一方で「リアルな旅行会社を介したお客様は、キャンセル一辺倒となりません。特に中小旅行会社のお客様は、その旅行会社と顔の見える信頼関係があるのでしょうね」と話し、非常時に強い中小旅行会社の力添えに期待する。

7月19日時点の鉄道開通予定は次の通り。

JR西日本・山陽線は8月1日に下松―徳山の再開を皮切りに、11月中には全通する予定▽姫新線の上月―新見間は数カ月後―年内▽伯備線の豪渓―上石見は8月中旬▽津山線の玉柏―野々口は8月上旬▽因美線の智頭―津山は数カ月後から年内▽呉線は坂―海田市の8月上旬から順次開通し、三原―広間が2019年1月中を予定▽芸備線は順次再開するものの備後落合―狩留家間が長期間かかる見通し。そのほか福塩線や木次線も全線開通まで長期間かかる。

JR東海・高山本線は飛騨金山―下呂が8月半ばに運転再開予定。特急「ワイドビューひだ」は一部列車の運転を再開する計画。坂上―猪谷の再開は数カ月先。

JR四国は予讃線、予土線で、JR九州は筑豊本線、日田彦山線、豊肥本線で運休区間がある。

(トラベルニュースat 18年7月25日号暑中号)

(前の記事)果たしたい役割 平成30年7月豪雨-旅行業界に求める「発信」「送客」(1) 現地の現状、正しい理解を

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ