楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

過去最高規模で活況 ツーリズムEXPOジャパン’18(1) 世界の観光考える・基調講演から

「ツーリズムEXPOジャパン(TEJ)2018」(主催・日本旅行業協会、日本観光振興協会、日本政府観光局)が9月20―23日、東京・有明の東京ビッグサイトで開かれ、世界136カ国の国と地域から過去最高の1441(前年比10%増)の企業・団体が出展し、インバウンド、アウトバウンド双方で活発な商談が行われた。期間中の来場者は一般参加者も含め過去最高の20万7千人となった。TEJの最大の成果とも言える世界観光大臣会議は昨年に続き第2回目が行われ、各種セミナーと合わせ、持続可能な観光や、観光による地域振興をテーマに、よりよき観光のあり方について意見が交わされた。来年の「ツーリズムEXPOジャパン2019」は、19年10月24―27日に、東京以外では初めてとなる、大阪市のインテックス大阪で開催される。

旅行の円滑化、コミュニティ、過疎化 課題解決へ意気込み

開会式とジャパン・ツーリズム・アワード表彰式に引き続き、世界各国の観光大臣や観光機関トップ、出展事業者などが参加した全体会議では、国連世界観光機関(UNWTO)のズラブ・ポロリカシュヴィリ事務局長と、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)のグロリア・ゲバラ・マンソ理事長の両氏が基調講演した。

両氏からは、著しい伸びを見せる国際観光客数が17年の13億人から、30年には18億人に達する見込みであることや、観光収入のGDPへの寄与がアジアでは10%に近く、雇用についても世界では10人に1人が観光産業に就くなど、大きく貢献している現状が報告された。

UNWTOズラブ事務局長

ズラブ・UNWTO事務局長

その上で、マンソ理事長からは、観光が持続可能な成長を継続するための将来の課題としては、安全と危機管理、旅行のさらなる円滑化、コミュニティや気候変動など国際問題にコミットメント、過成長による観光地の過密や混雑に対処する必要性が提起された。

このうち旅行の円滑化については、空港到着から搭乗までの時間を20分に短縮する目標が示され、コミュニティへの関与については、過密の解消法の模索など「あらゆるコミュニティに、観光がいい影響を与えたい」と意気込みが語られた。

マンソWTTC理事長

マンソWTTC理事長

過密化への対処に関して、マンソ理事長は日本の事情にも詳しく「日本遺産の認定などは、分散化のいいモデルになるかも知れない」と期待した。

(トラベルニュースat 18年10月10日号)

(次の記事)過去最高規模で活況 ツーリズムEXPOジャパン’18(2) 旅の地域への貢献・世界観光大臣会議から

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ