楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

過去最高規模で活況 ツーリズムEXPOジャパン’18(2) 旅の地域への貢献・世界観光大臣会議から

持続可能なツーリズムの実現へ 小池都知事も参加

午後に開かれた世界観光大臣会議は「持続可能なツーリズムとツーリズムによる地域への貢献」をテーマに開かれ、短い時間のなか、各国での取り組みが紹介された。

世界観光大臣会議

持続可能と地域への貢献をテーマに
開かれた世界観光大臣会議

フィリピンからは「地域のあまりに急な成長は、魅力を損ない継続できない」と、今年6月に人気観光地ボラカイ島を閉鎖したことが紹介された。グローバルに競争力のある環境を整備するためで、観光のルールや負荷をかけない設備を整えた上で12月には閉鎖を解くことにしている。

ブータンからは「観光は人や文化、環境にマイナスの影響がないよう慎重に発展させている」と報告があり、課題には観光メリットのコミュニティへの公平な分配と観光の発展によるカーボン排出の抑制をあげた。

タイは、ライフスタイルや生活を見てもらうことで、コミュニティが誇りを持ち、価値を得ることもできるコミュニティツーリズムへの取り組みを紹介。カンボジアからは「ハンティングよりホームステイ」とし、コミュニティが、森林の伐採や野生動植物の捕獲より観光は利益を生むこと、観光の恩恵を理解する教育に取り組んでいることが報告された。

世界観光大臣会議には小池百合子東京都知事も参加し「伝統とイノベーションが隣り合っているのが東京。東京観光の多様化に取り組んでいる」などと発言した。

(トラベルニュースat 18年10月10日号)

(次の記事)過去最高規模で活況 ツーリズムEXPOジャパン’18(3) ツーリズム・アワード、雪国観光圏に大賞
(前の記事)過去最高規模で活況 ツーリズムEXPOジャパン’18(1) 世界の観光考える・基調講演から

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ