楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アライアンスを推進 全旅が会員サービス拡充(2) キャッシュレスやICT化に対応

「ファイナンス事業も視野に」

初年度の取扱額を4億円と見込む。「システム稼働から2週間で200社から約2千万円の予約がありました。ともすれば敵対視してきたOTAの良さを取り込むことで会員各社の収益につなげられれば」と日野常務。

さらに業務クーポンで精算できるホールセラーや航空会社なども順次拡大し、現在は20社以上に及ぶ。会員の様々なニーズに全旅クーポンで対応できるよう連携先を開拓していく考えだ。

昨年12月には、クレジットカード決済サービス「対面型全旅ペイメント」もスタート。VISAとマスターの国内発行カードが1.3%、銀聯(ぎんれん)カードが1.9%、海外発行カードが2.8%と、低廉な決済手数料率を実現した。

中間社長は「全国のANTA会員、全旅クーポン会員のスケールメリットを生かし、様々な業態とアライアンスを組むことで、キャッシュレスやICT化が進む時代に対応したい。今後は行政などから大型案件を受注した会員に一定期間融資するようなファイナンス事業も視野に入れています」と話している。

(トラベルニュースat 19年2月10日号)

(前の記事)アライアンスを推進 全旅が会員サービス拡充(1) クーポン改定やOTA開設

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ