楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

自然災害後の回復策準備を JATAが観光庁に提言(2) 世界的スポーツイベント生かす

ラグビーワールドカップ、早急に施策を

このほかでは、日本で開催される世界的スポーツイベントの機会を活用した国際プロモーションの必要性や、訪日旅行者の地方誘客を図るための人材育成や受け入れ態勢の整備について提言している。

特に、今年9月から開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」期間中の具体的な施策を早急に検討し、実施することを求めた。具体的には、ラグビーの試合間隔が1週間から10日間にも及ぶことに着目し、各国から来日するメディア関係者に、各地での取材機会を提供することや、試合会場での日本観光プロモーション、情報提供を促している。

受け入れ態勢の強化では、訪日客の消費額の向上につながるスキーについて、特に中国人スキーヤーへの対応で、初級者レベル向けのスキーインストラクター養成や、新たな在留資格の枠組みを検討すべきとしている。

カジノやエンターテインメントの側面に注目が集まるIR(統合型リゾート)については、MICE誘致を中心に据えた設計に期待を示した。

(トラベルニュースat 19年4月10日号)

(前の記事)自然災害後の回復策準備を JATAが観光庁に提言(1) 風評被害軽減や観光による復興貢献

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ