楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

若者の心をつかむ 星野リゾート定例発表会(1) 入社式で感じた「社員のやる気」のひきだし方

星野リゾート(長野県軽井沢町、星野佳路社長)は4月16日、東京・有楽町の東京国際フォーラムイベントスペースで定例プレス発表会を行い、新規ホテルの開業状況やホテルブランド別のトピックス、滞在プランやギフト券の販売開始などについて説明した。同社では年2回、春、秋にプレス発表会を開いている。

「手形の契り」の価値観

発表会で星野社長が最初に取り上げたトピックスは、4月5日に奥入瀬渓流ホテル(青森県十和田市)で行った2019年度春の入社式のこと。星野では入社時期を4、6、10、12、2月の年5回設け主に春、秋の入社が多い。秋の入社組には入社までの長い自由時間を有意義に活用してもらうことに期待する。この春は288人、年間では430人の入社を予定している。星野の入社人数は16年264人、17年355人、18年355人と推移している。現在の従業員総数は約3千人。

入社式と入社式に先駆けて行われた5日間の研修には285人が参加した。発表会で詳しい説明はなかったが配布された資料を見ると、入社式では星野社長から「顧客は友人、社員は家族」という価値観が伝えられ、新入社員が決意と目標を川柳で発表。その後、新入社員が手形を押す「手形の契り」が行われた。恒例の行事で、法律上の雇用関係だけでなく、会社は時には雇用関係を超えてスタッフを助け、スタッフは組織の文化に寄与するという2つの約束を結ぶのだそう。デジタル時代に、手形の契りというアナログで古風な響きを感じさせる仕掛けを取り入れているのが面白い。

会場では新入社員研修のビデオが上映され、その後のスタッフによるステージパフォーマンスなどプレス発表会は一貫して社員がいきいきと働いていることを紹介する見本市にも見えた。

星野社長の「今年は目標にしていたスキー滑走日数年間50日を到達できそう」という自身の話題も、働き方を考える時代を印象づけるものに聞こえた。

星野佳路社長

「スキー滑走日数年間50日の目標を
到達できそう」と話した星野社長

(トラベルニュースat 19年5月10日号)

(次の記事)若者の心をつかむ 星野リゾート定例発表会(2) 「界」「BEB5」若年利用へ施策

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ