楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

若者の心をつかむ 星野リゾート定例発表会(2) 「界」「BEB5」若年利用へ施策

年齢で利用しやすいプラン 過ごし方の提案に独自性

国内外に38施設を運営するなかで、新規施設の展開や滞在プランをいくつか紹介すると、まずは主要4ブランドの1つ「界」。客室数50室未満の高級温泉旅館ブランドとして全国15カ所に展開している。今後は出店ペースを早めつつ、数年で30施設まで増やす。4月1日には「星野リゾート界津軽」がリニューアルオープンし、全客室がご当地部屋の「津軽こぎんの間」に生まれ変わった。最大60%の割引料金で若者の界宿泊を後押しするプランも、情報発信をSNSなどに広げるなどして引き続き行う。20代限定で1泊2食1万9千円。それなりの価格だが13年以降、これまでに1万5千人が利用した。

同じく若者を向いたホテル「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)軽井沢」を2月5日にオープン。「仲間とルーズに過ごすホテル」がコンセプトで、新ブランドとしての展開も視野に入れる。「35歳以下エコひいきプラン」は、宿泊者全員が35歳以下だと1室1万6千円で利用できる。

BEB5軽井沢

若者をターゲットに今年2月にオープンした
BEB5軽井沢のパブリックスペース

新たなエリアへの出店は沖縄本島と奈良県。20年春に沖縄県読谷町に「星のや沖縄」を開業する。100室で1室8―30万円の宿泊料金を予定している。沖縄県へは「星のや竹富島」に次いで2軒目の出店。奈良県では旧奈良監獄の建物を活用した「上質な宿泊施設」の21年の開業を目指す。

一方、滞在プランでは6―7月にかけて梅雨を楽しめる企画に力を入れる。リゾナーレ八ヶ岳や界出雲、軽井沢の商業施設ハルニレテラスで、空を見上げたくなるアンブレライベントを行う。星のや富士では、雨をポジティブに楽しむ「雨グランピング」を提供する。通常、キャンプの泣きどころの雨、キャンプ設営や撤収は難儀だけど、テントで聞く雨音、雨宿りで湿った森の景色を見たり、食事をするのが楽しいのは本当のこと。

(トラベルニュースat 19年5月10日号)

(前の記事)若者の心をつかむ 星野リゾート定例発表会(1) 入社式で感じた「社員のやる気」のひきだし方

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ