楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ポイント還元事業 キャッシュレスにどう向き合う(2) OTAや中小旅行会社は

情報格差が課題に

ポイント還元の有無で宿泊先は選ばれるのだろうか。国内大手OTAでは、じゃらんネットは還元事業者に登録する。サイトのクレジットカード決済もポイント還元の対象になる。

楽天トラベルは還元事業者に登録しない。ただ、トップ画面の下部のトピックス欄にある「現地キャッシュレス決済で最大5%還元」をクリックすると、還元を受ける方法が分かる。楽天トラベルでクレジットカード決済するとポイント還元が受けられないことを紹介しながら、旅行予約時の支払い方法で「現金で支払う」を選択し、現地でキャッシュレス決済するよう勧めている。

ただ、利用者には予約先の宿泊施設が還元事業者かどうか分からない。楽天トラベルでは、「最大5%還元の対象施設一覧」のページを新設し、案内している。9月19日現在、131軒が掲載されている。

中小旅行業者はどうか。メール送信型決済サービス「全旅ペイメント」を展開する全旅(中間幹夫社長)に尋ねた。

全旅では、今回の施策をANTA会員に一斉に告知。消費者に5%還元することで集客力がアップする、三井住友などカード会社に支払う決済手数料が実質0・87%(全旅ペイメント利用通常時の手数料1・3%の3分の1を国が補助)になることをアピールした。

結果、全旅ペイメント加盟の1200社の中で実働利用している旅行会社の半数以上にあたる500社弱が申請しているという。

今回の消費税引き上げは、前号で報じた軽減税率もしかり、自社の事業展開が有利になるようどうフィードバックしていくか、消費者の告知も含めて情報格差が生じやすいと言える。

(トラベルニュースat 19年9月25日号)

(前の記事)ポイント還元事業 キャッシュレスにどう向き合う(1) 旅館ホテル、登録の是非が二分

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ