楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

先を見据えた対策を

21/09/10

緊急事態宣言、まん延防止等対策措置が発令されている地域の観光地を回った。本来、飲酒文化が盛んなまちは、商店街のシャッターはほとんどが閉まり、普段の姿とはまったく別世界の夜になっていた。

夕食を食べる店もなく、結局コンビニで食べ物を買ってホテルの客室で黙食。大阪や東京など都心部ではチェーン店が開いていることもあるが、地方の緊急事態宣言、まん延防止等措置が発令されているまちの状況の深刻さと寂しさは、尋常ではないというのを改めて思い知った。

このまちでは、すでに廃業や倒産した宿泊施設が出ているという。話を聞いたある旅館経営者は「新型コロナウイルス感染症がそこそこ収まり、ほぼ従来通り営業を再開できることになっても、今のままだとコロナ禍に伴い新たに借り入れた金の返済が重くのしかかってきて、営業できなくなる施設が増加するのは目に見えている」と指摘する。

確かにいま現在を乗り切る融資はありがたい。だが、これまでにも抱えていた借金と二重の返済となると持ち堪えることができない施設が続出するというわけだ。

深刻な声色で都市部の新規感染者数を伝えるテレビニュースをコンビニ弁当片手に一人客室で見ながら、新しく選ばれる首相と国に先々を見据えた対策を望んだ。

(トラベルニュースat 21年9月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ