楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

台風19号、旅行シーズン直撃(2) 「ふっこう割」求める声も

需要喚起策に期待

交通機関は広範囲で被害を受けた。北陸新幹線は長野—上越妙高が約2週間にわたって不通になり、25日から東京—金沢で直通運転を再開した。中央自動車道は八王子—大月が19日に通行止めを解除、上信越自動車道は不通だった碓氷軽井沢—佐久が23日から対面通行できるようになり、それぞれ全線で通行が可能になった。

北陸新幹線

10月25日に東京—金沢間の全線で
運転が再開した北陸新幹線

ただ、首都圏から北陸新幹線や中央道、上信越道を利用して訪れる観光地や温泉地では、来訪者が例年の半分程度に落ち込むなど、行楽のトップシーズンに深刻な影響を受けている。

全旅連(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会)の多田計介会長(石川県和倉温泉・美湾荘)は「和倉温泉も宿泊客は半減です。金沢も同様だと聞いています。影響が広範囲でキャンセルなどに伴う被害額の集計に時間がかかっていますが、全旅連としてできるだけ早く全体の状況をまとめ、関係省庁にふっこう割など需要喚起策を求めていきたい」と話した。

16年の熊本地震では発災から約2カ月後に180億円規模の九州ふっこう割が始まり、約600億円の旅行消費効果があったとされる。18年の西日本豪雨では13府県を対象に36億円規模のふっこう周遊割、同年の北海道胆振東部地震では、政府が18年度予算の予備費から81億円を北海道ふっこう割に拠出している。

(トラベルニュースat 19年10月25日号)

(前の記事)台風19号、旅行シーズン直撃(1) 被災地で復旧進む

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ