楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新たな地平を開く 逆境下で挑む3氏(2) 山崎哲秀さん(アバンナット北極プロジェクト代表理事)

北極から地球を俯瞰する

1年の半分は北極圏で過ごす。しかも冬季。氷が安定するからだ。氷点下30度、40度は当たり前、丸1日中太陽が昇らない極夜の世界だ。

そんな暮らしを1989年からほぼ毎年繰り返してきた。植村直己さんに憧れて始めた、徒歩によるグリーンランド縦断の挑戦は惨敗。エスキモー民族の一つイヌイットの村で弟子入りし、犬ぞりを教えてもらった。

「人間界の際に暮らす先住民と、極限の自然界の境い目に生命力を感じました。自然との融合というか、生きている感覚を体感できる世界に魅了され続けています」

山崎哲秀さん

山崎哲秀さん
アバンナット北極
プロジェクト代表理事

途中、南極地域観測隊に参加したこともある。同じく隊員として参加していた奥様に魅了されたが、南極は面白くなかった。たぶん人が暮らしていなかったからだ。

2007年、衝撃的なことが起こる。真冬に割れるはずのない氷が裂け、家族同様に苦楽をともにしていたエスキモー犬たちが流されてしまった。温暖化を実感した瞬間だった。と、同時期にイヌイットにも便利な生活がどんどん持ち込まれ、犬ぞりはスノーモービルに代わり、星空から得る情報がスマホに取って代わっていった…。

今は、世界のてっぺん(北極)から地球を観測する拠点の設置と、愛してやまないエスキモー文化を継承するのが夢。それが実現したら、遠征費を稼ぐためだけに過ごしていた日本を妻と子どもと旅しようと思う。

山崎哲秀さん

犬ぞりチームと山崎さん。
今年も10月に日本を発つ。山崎さんの夢の実現にぜひ支援を

(トラベルニュースat 21年9月10日号)

(次の記事)新たな地平を開く 逆境下で挑む3氏(3) 前川友吾さん(日本学生esports協会/Gameic代表理事)
(前の記事)新たな地平を開く 逆境下で挑む3氏(1) 北極探検家、eスポーツ、大阪・関西万博

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ