楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

4千万人達成へ黄信号 19年訪日客は過去最高の3188万2千人(3) 238人に1人が訪日旅行

中国は146人、香港は3人に1人の割合

2019年の日本人海外旅行者数が2008万人だったことがわかった。総務省が発表した今年1月20日現在の日本の人口1億2602万人で換算すると、ざっと6人に1人の割合で海外に出かけたことになる。この数字をどう見るか。訪日外国人旅行者数と比較してみた。

19年全体では3188万人が訪日した。国連の世界人口白書によると19年の世界人口は77億1500万人で、日本の人口を除くと75億8898万人。全世界から238人に1人の割合で日本に来たことになる。

もっとも訪日客数が多かった中国は959万人で、中国の総人口14億人に占める割合では、146人に1人が訪日したことになる。JNTOによると中国の出国者数は香港も含めて18年が1億4305万人。出国者数に占める訪日客を18年の数値でみると、その比率は17 人に1人の割合に増える。

仮に、中国人が日本人と同レベルの6人に1人の割合で海外に行くようになると、出国者数は2億3333万人になる。18年と同数値に換算すると訪日中国人旅行者は1372万人に達する。

19年激減した韓国。18年はほぼ7人に1人の割合だったが、19年は9人に1人。

台湾は18年の推計人口が2359万人。489万人が訪日しているので5人に1人、正確には4・8人に1人になる。リピーターを無視すればかなりの台湾人が日本に来ている。

香港はもっとすごい。人口737万人(17年推計値)に対して19年は229万人が訪日。3人に1人に近い人が日本へ旅行に来ている換算だ。

経済成長が著しい東南アジアはどうか。ベトナムは9620万人の人口で訪日者数は49万5千人。まだ194人に1人の割合に過ぎないが、その伸びしろは非常に大きいと言える。

いずれも推計値をベースにした机上の計算によるものです。

(トラベルニュースat 20年1月25日号)

(前の記事)4千万人達成へ黄信号 19年訪日客は過去最高の3188万2千人(2) 訪日客旅行支出は1人平均15万8千円

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ