楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

県民宿泊割を買い占め

21/07/25

JTBの夏休み期間中(7︱8月)の旅行見通しによると、国内旅行者数は4千万人で、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年夏と比べ44・8%減になるという。

国内旅行消費額は1兆3200億円が見込まれるものの、19年比では50%減というから、相変わらず旅行業を取り巻く環境は厳しく、コロナ前より「支出を減らしたい」と考える人も全体の45%にも達する。

かといって今夏の旅行需要は絶望的かというとそうでもない。旅行に行きたいと答えた人のなかで「地域内の近距離が中心で、宿泊日数も3泊以内」が80%を超えるという結果が出ているからだ。これは見方によっては朗報ではないだろうか。

前回のこの欄でも書いたが、GoToトラベルのような広範囲な旅行ができない分、県内宿泊割でコンパクトな旅行を楽しめる仕組みがあると、地元旅行会社と県内旅館がタッグを組んで地域の魅力ある資源をアピールできる絶好のチャンスだからだ。

ただ残念なのは、行政がせっかく地元旅行会社を対象にした支援策を講じたのに、一部の旅行会社が県内宿泊割予算を買い占めてしまっているケースが出ていることだ。地域の旅行会社と旅館が結束して県民のための宿泊を支援しようとする動きに水を差すようでいただけない。

(トラベルニュースat 21年7月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ