楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

トマムを世界一のファミリーマウンテンリゾートに クラブメッド東南アジア太平洋地域・ザヴィエル・デソールCEO

日本で3施設のリゾートとして1月に北海道占冠村にグランドオープンしたクラブメッド・北海道トマム。1月17日のオープンセレモニーには世界各国から200人を超えるメディア関係者を招き、クラブメッドらしく派手に開業を祝った。上々の滑り出しで、、夏季シーズンの予約受付もスタート。日本進出30年を迎え、これまでの取り組みと、今回の北海道トマム開業について、クラブメッド東南アジア太平洋(ESAP)地域CEOパシフィック代表のザヴィエル・デソール氏に話を聞いた。

日本での30年の成功基礎に

Q.日本進出30年をどう評価していますか

非常にうまくいっていると満足しています。オールインクルーシブというシステムが受け入れられたと思っています。今回、サホロに続いて北海道にオープンしたトマムは世界24カ国で展開している自社のマウンテンリゾートのリーダーになるものと確信しています。また、日本国内でのマウンテンリゾートオペレーターとしてトップの位置になったと自負しています。

特にスノーリゾートの期間で言えば、全世界に1千人いるインストラクターうち、北海道には10%以上の120人のインストラクターを配置し、15カ国語でレッスンができる態勢は、自社リゾートでも屈指の規模です。

ザヴィエル・デソール氏

ザヴィエル・デソール氏

Q.星野リゾートとの連携についてはどう思いますか

非常に良いパートナーだと思っています。お互いにファミリー層をターゲットとしていることや、高所得者層、国際感覚のある層をターゲットとしているところや、ここトマムを世界一のファミリーマウンテンリゾートにするというビジョンを共有しているハッピーな関係です。

一緒にアップスケールを実現させ、トマムから新しいトレンドを作り出していきたいと思っています。

関連記事

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

旅で四国を元気に!高知編

四国特集第3弾は高知県。明治維新の節目を機とするゴールデンイヤーがいよいよ大団円を迎え、次なる...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ