楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪文化の発信拠点「通天閣」 通天閣観光西上社長、高さでなく面白さ追求(2)

「コテコテ、テカテカ路線」追求

「展望台を金色にして上から見たら八角形なので七福神プラス、ビリケンで八福神。市長に来てもらって展望台から豆まき。マスコミが必ず取材してくれます。創立60周年記念として、本当は103メートルだけど避雷針を5メートル伸ばして、還暦にちなんで煩悩の数と同じ108メートルにもしました。見るだけではなく楽しめるタワー、その上で何やかやで金を使わせるタワー。大阪商人は笑いで商いをやらなあきません」

西上さんは生まれも育ちも通天閣のお膝元、新世界。1956年に建てられた二代目通天閣を見上げて暮らしてきた。「父も社長を務めていて父は通天閣を『恋人や』と言っていたんです。その意味がようやくわかるようになってきた。私にとっては家族。たとえ30分でも、ここに来ないと落ち着きません」。

通天閣観光社長の西上雅章さん

大学で大阪しゃれ言葉
を教えている西上社長

「庶民の憩いの場所が新世界。浅草や新開地(神戸)と並ぶ日本三大演芸のまちで、今は串カツのまちになりました。まちは生き物なので、どんどん変わっていきます。これからどうなるか分からないけど、信念を忘れてはなりません。通天閣も10年、20年先は陳腐化してしまうかも。その時は滑り台でも作りますか。いや、それは次の世代が考えたらいいね」

「展望台をのぞき込む」という新アトラクションを今秋着工。「コテコテ、テカテカ路線」を追求する西上社長率いる通天閣が文化の発信基地なのは間違いない!

(前の記事)大阪文化の発信拠点「通天閣」 通天閣観光西上社長、高さでなく面白さ追求(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ